道内各JA・関係機関のホームページを見るには JAグループ北海道 農業道でしょう! より~

~お知らせだよ~ じゃがいも研究所 地域サイトリンクからアクセスしてね・・・

リンク

地域のサイト

オンライン状況

〒092-0231
北海道網走郡津別町字大通り33番地
TEL:0152-76-3322(代表)・3473(農産販売課直通)
FAX:0152-76-3594(代表)・4916(貯金共済課)
【活汲事業所】生産資材課
〒092-0206
北海道網走郡津別町字活汲512番地
TEL:0152-76-3430
FAX:0152-76-4933

RSS配信

2016つべつ産業まつり
2016/11/14 Monday 16:14:27 JST

 

地元の農産物と海産物を低価格で提供する「2016つべつ産業まつり」が、津別町の中心街さんさん館前広場で1016日開催されました。主催者を代表して山下組合長は「つべつ物産まつりは6回目となりました。今年は台風と長雨の影響で農作業が遅れ農家は大変苦労して収穫作業を行っております。出来秋は立派な農産物を取り上げてきており、農家の思いを汲み取って味わって頂きたい。津別町は5千人を切るような人口となっていますが、皆様と助け合いながらこの町を皆さんと共に創って行きたいと思っています」と挨拶。

玉葱1300kg

男爵1000kg

ホタテ1200kg

シジミ60kg完売

 今年の参加団体は、サンマルコ食品(㈱)、㈱相生振興公社、㈱柳瀬食品店、網走川流域農業・漁業連携推進協議会など町内7団体。JAつべつでは、「いも・玉葱詰め放題」には、玉葱21300kgと男爵11000kgが用意され、300人以上が長蛇の列をつくる人気商品となりました。天候不良から「いも・玉」が不足傾向にある事が例年を上回る人気となっているようです。

 

550万人サポーターづくり

JA2MP50人以上が登録

さんさん館の会場内では、初めての取組として「食と農でつながる550万人サポーター作り!」ブースを特設。 JA2MPジェイエイジャンプ」のサポーターづくりには、JA中央会北見支所西本支所長と信連北見支所伊藤次長も駆けつけてダウンロードの仕方や各種ポイント内容を説明。目標としていた50名を達成し、登録してくれたお客様に記念品を渡すことが出来ました


 
日本農業新聞「月刊MVP賞」
2016/11/14 Monday 16:09:57 JST

 

平成281012日(水)津別町農協応接室に於いて、営農課の建石博さんが執筆された「網走川流域農業・漁業連携推進協・6次化商品開発へ」(平成28419日掲載)の記事が、株式会社日本農業新聞北海道支所の平成28年度第1四半期の「MVP賞」(最優秀記事)に選ばれ、このほど表彰状が直接本人に贈られました。

 この賞は、地域やJAの情報発信という通信員の役割を存分に発揮し、紙面の向上に貢献された実績をたたえ贈られたものです。受賞されたのには、JA広報誌「北の農食家」の紙面づくりに尽力される一方、今年614日に農業新聞津別局が開局され、通信員として毎月投稿されてされた結果です。今後も多くの記事が掲載され、道内の皆さんに津別町の活動を知って頂くとともに、2度目の受賞をJA期待しています。

 
津別小学校「食農教育」
2016/11/14 Monday 16:08:29 JST

 

津別町小学校(平山拓寿校長)では、低学年からの食農教育に目を向ける取組として、小学3年生全19人を対象に「JAつべつ施設等見学ツアー」を要請。これに応える形で、1018JAではマイクロバスを用意してツアーに協力。

学校側の目的は「津別町の主産業である農業更には、人が生きて行上で最低限必要な食料について小学校時代からその大切さを理解してもらえる様、津別町の農業・JAについて見て、聞いて感じてもらうこと」としています。

 一行は、最初にJA会議室において組合長の歓迎挨拶を受け、JAバンクDVD教材「わたしたちのくらしと農業のかかわり」を観て、農家で作物が作られ、牛が育てられ食卓に届けられるまでを理解してから現地へ向かいました。

 TMR」を最初に見学、「牛の給食センターです」と説明すると納得した様子。整然と並んだバンカーサイロからデントコーンの醗酵した酸っぱい臭いに思わず鼻をつまむ生徒もおり「牛はこの臭いが大好きですよ」「これを食べた牛さんが沢山牛乳を出してくれます」の説明に、いつも飲んでいる牛乳の元を発見した様子でメモを取る場面も見られました。

 JA堆肥センターでは、「皆さんのお家から出てきた生ごみやウンチも下水処理場から運ばれ、木屑と混ざり『町民還元用堆肥』になります」と言われ驚いた様子ですが、「完熟した堆肥は臭いがありません」「これが野菜の栄養になり大きく育ててくれます」と説明され、堆肥を手に取り臭いを確認して納得した様子。視察はこの他、「麦乾工場」「カルビー馬鈴薯貯蔵施設」カルビー施設ではポテトチップのお土産をもらい満足。生徒たちからは後日、視察の感想が寄せられる予定となっています。

 
「つべつ和牛」プレゼント
2016/11/14 Monday 16:07:03 JST

 

 津別肉牛振興会(迫田浩司会長)は、地元つべつブランド牛の振興を図るため社会福祉法人夢つべつが運営する認定こども園こどもの杜(長政久仁子園長)を1024日訪問し、「つべつ和牛」A5を8kg を贈呈しました。訪問を受けた長政園長は「認定こども園には現在122人の子供たちが通っております。子供たちが喜ぶ昼食にして提供し、皆で楽しみながら味わいたいと思います」とお礼を述べました。迫田会長は、「子供達にも地元の食材を知ってもらうことは大切です。つべつブランドを広めて応援して頂くサポーター作りのためにも継続した取組としたい」と答えていました。


 
<< 最初 < 戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ > 最後 >>

結果 1 - 4 of 183
joomla templates by dezinedepot
© 2016 JAつべつWebSite
Joomla! is Free Software released under the GNU/GPL License.
Translation is Joomla!JAPAN